誰がどっちを教育するの?優秀な部下と使えない部下

優秀な人をより一層優れた人材にする

企業には多くの人材が集まりますから、優秀な人とそうではない人が生まれるのは当然ですよね。どのような部下でも優秀な人材に育てられれば企業利益が向上しますから、社員研修を活用しましょう。まず優秀な部下を社員研修に出す際は、力を強化してくれるコースを選ぶと良いでしょう。企画力が優れている人材であれば、ゲームやロールプレイを活用してプレゼンの力を磨きます。座学を重視している研修では実地で活きる能力が育まれないこともありますので、伸ばしたい力の方向性を考えて選ぶことが大切です。
社員研修の企業を選ぶ時は目標設定を明確にしている場所を探しましょう。社員にとって漫然とレッスンを受けるのではなく、レベルアップしている確信を得ることが重要なのです。

使えないと思わせる原因を明確にする

新しく入社した部下がミスばかり起こしている時は、新人向けの社員研修を行いましょう。古参のメンバーにとっては当然の不文律も、新世代の人材からすれば分からないことは多いものです。研修企業の中には働く上で必要な精神そのものから育んでくれる場所もありますので、勤め人に必要なマインドを学べます。また人に「できない」部下だと思わせる人材はコミュニケーションが不得手な特徴があります。コミュニケーションは発信する力だけでなく相手から聞きだす能力も含まれますので、そうした研修を受けさせることが大切です。
会社にいる直属の上司が使えない部下を研修する際は、相手と自分の関係性をよく見直しましょう。ホウレンソウが成り立ってない時は、部下が萎縮している可能性もありますから、そこを見直すことで問題が改善します。